異流義・正信会を折伏しよう

正信会の謀略的報道を糾す

去る平成16年1月21日、水戸地方裁判所竜ヶ崎支部は、正信会・要蔵寺檀徒が妙観講々員を相手取って起こした「御本尊返却と損害賠償を請求する裁判」に関し、損害賠償請求は退けたものの返却を認めるという、一部不当判決を言い渡しました。
  また、この、一個人間の裁判について、正信会機関紙『継命』が大きく紙面を使い「勝利判決下る」などの大見出しを付けた謀略的記事を掲載しています(つまり、これは一個人の問題でなく、正信会としての問題である、と表明したわけです)。
  されば、本件についての妙観講としての見解・方針を、ここに明らかにしておくことにしましょう。

事件の経緯と訴訟の概要

平成14年5月4日、すでに半年前に正信会より脱会し、理境坊所属妙観講に帰伏していた I さん(当時88歳・茨城県北相馬郡在住)宅に、T班長ら三人の女性講員が家庭指導に訪れた際、 I さんの部屋に御安置してある御本尊が、正信会において勝手に表具替えされていたことが判明。
  これが、日蓮正宗として許されていない表具である、ということを理解した I さんから、御本尊の御修復を依頼された三人は、その場で御本尊をお預かりした上、後日、共に大石寺に登山することを約束して帰りました。
  ところが、登山の約束の当日、T班長が I さんを迎えに行ったところ、 I さんを出してもらえず、会うこともできぬまま戻ることとなったのです。
  そして、後日、 I さんの息子と要蔵寺( I さんが帰伏前に所属していた正信会寺院)住職と名乗る田村某よりT班長に電話があり、「本尊返せ」云々と一方的にまくしたててきました。
  しかし、肝心な I さん本人を電話口に出してくれないため、当事者である I さん以外の人に御本尊を渡すわけにもいかず、困惑しつつも、御本尊を渡すことは拒否しました。
  すると後日、息子は突如、〝御本尊は自分が亡父より継承したものであり、T班長以下数名が、むりやり I さんに強要して御本尊を持ち去った〟として、御本尊の返却と損害賠償を求める訴訟を起こしてきたのです。

数々の矛盾点

まず、T班長らが初めて I さんを折伏に行った時(平成13年12月)に、T班長は家族の信仰状況を尋ねています。その際、 I さんは、「自分が亡夫より御本尊を継承している」と述べ、また、「息子は信徒でもなく勤行をしていない」と語っているのです。
  これに対し、息子の主張によれば、「自分は要蔵寺の信徒として毎日勤行を行なっており、御本尊を亡父より受け継いだ」としていますが、後の証人尋問において、妙観講側の弁護士が、「それなら、この場で経本を読んでみせてほしい」と言ったところ、まるで読めませんでした。
  すなわち、御本尊の継承者は、やはり息子でなく、 I さんだったのです。

一切の接触を遮断

妙観講々員の側では、 I さん本人が御本尊の返還を求めているか、どうか、直接真意を確認したい、と要望しましたが、息子は、 I さんとの面会はおろか、電話口に出すことすら拒み続けました。つまり、御本尊の修復を依頼した I さんの口から直接、「返却」を求める声を確認することはできなかったのです。
  このような状況のもと、御本尊修復を依頼した当事者でもなく、ただ正信会要蔵寺の言いなりに動いている息子に対し、大切な御本尊を渡してしまう、などということができないのは、当方としては、信仰上からも、また I さんから責任をもって預かったという立場上からも、きわめて当然のことであります。
  また全ては、「要蔵寺の信徒を妙観講に取られるわけにはいかない」との要蔵寺住職の邪心が背景となっていることは、誰の目にも明らかです。  

『創価新報』まがいの継命記事

これらの状況に関し、息子は、あたかも自分自身が御本尊の継承者であるかのように言い張り、妙観講々員が勝手に I さんから御本尊を強奪した、との事実無根の主張をなしました。
  これでは、 I さんから修復を依頼され、御本尊を御預かりした講員の善意はどうなるのでしょうか。
  その点を裁判でも主張し、また、日蓮正宗から貸与された御本尊の所有権・占有権を論ずることも不相当である旨、論述しましたが、十分な理解を得られず、今回の不当判決に至ったわけです(とはいえ、息子が求めた損害賠償は却下されていますから、御本尊返却を命じた部分のみが不当といえましょう)。
  しかし、もし原告の主張のとおりであるというならば、何故一度も、妙観講々員に I さん本人の意思を確認させないのでしょうか。 それどころか、息子は、裁判所が「 I さんと会いたい」と申し入れたことすら拒否している有り様です。そこに、本件の真相が見えているではありませんか。
  当然、妙観講々員の側は高裁に控訴手続きをとりました。
  この件に関し、驚いたことに、正信会機関紙『継命新聞』は、妙観講の折伏を「常識を外れる熱心な折伏」であるとして、1面の半分ものスペースをさいて、鬼の首でも取ったかのような記事を掲載しました。
  このような、真実をねじ曲げた謀略的報道を見るかぎり、これはI さん一家の問題ではなく、どうやら正信会としての妙観講への対処である、と考えざるをえません。
 その背景には、かつて妙観講が発行した正信会破折の冊子の影響で、神奈川方面の正信会檀徒が次々と正宗寺院へ帰伏しており、この状況に対し、正信会として危機感を抱いていたこと。また、妙観講で編集に参画している『慧妙』に、山崎正友氏と原島嵩氏が登場し、正信会批判を述べたことに、ずいぶん慌てていること―等々の事情があるからでありましょう。
  だからといって、このような理不尽な訴訟提起や謀略的報道をもって一矢報いる、などということが許るされるでありましょうか。
  このような愚劣な方針を、正信会がとるのであれば、妙観講としては、「一凶」たる学会への折伏のかたわら、正信会に対しても、いよいよ本腰を入れた折伏をもって対応していく他ありません。  その時、正信会は、異流義のはかなさ、もろさを、思い知ることでありましょう。