本門事の戒壇について


 戒壇に関する日達上人の御指南に対して、真っ向から反抗したのが、浅井・顕正会でありました。
 まず、本門事の戒壇について、浅井・顕正会は、
 「本門事の戒壇は、広宣流布の暁に初めて建つものであり、それ以前は義の戒壇しかない」 と主張します。

 この顕正会の誤りを破折する前に、本宗の正しい三大秘法及び六大秘法について、ごく簡単に述べておきましょう。
 まず、一大秘法たる本門の本尊は、本門の本尊・本門の戒壇・本門の題目という、三大秘法に開かれます。これを詳しく説明するために、三つのそれぞれをさらに二つずつに開きますと、本門の本尊は人(御本仏日蓮大聖人)と法(大聖人が顕わされた大曼荼羅御本尊)、本門の題目は信(御本尊を無二と信ずる信心)と行(実際の題目の修行)、本門の戒壇は事(弘安2年の大御本尊を御安置奉る処)と義(その他の御本尊を御安置する処)に分かれ、 これを六大秘法といいます。
 この中で、事の戒壇と義の戒壇ということについて、もう少し述べておくならば、事の戒壇というのは、事の一念三千の御当体たる弘安2年の大御本尊を御安置する処である故に、事の戒壇と申し上げます。そして余の御本尊は、根源の大御本尊を幹とすれば枝葉であり、その功徳力はすべて根源から流れ通うものでありますから、私共が各寺院・各家庭の御本尊に向かって題目を唱えるところ、その意義は根源の事の戒壇に通じている、と申せます。ゆえに、これを義の戒壇というのです。

 これに対し、顕正会は、「事の戒壇とは、三大秘法抄・一期弘法抄にいわれる、広宣流布達成の暁の事の戒壇(大本門寺戒壇)である。ゆえに、広宣流布達成以前は事の戒壇はない。しかし、大御本尊に向かって勤行・唱題する時には、その意義が将来の事の戒壇に通じているから、それを義の戒壇という」と言い、広宣流布達成の以前の大御本尊御安置の場所は、余の御本尊御安置の場所と同じく義の戒壇だ、というのです。
 つまり、顕正会の主張に依るならば、広宣流布の時までは(事の戒壇がない故に)五大秘法しかないことになり、三大秘法は2.5大秘法くらいにしかならない、ということになります。

 なぜ、このようなことを顕正会は主張するのか、というと、顕正会では、本門事の戒壇の「事」ということを、広布の暁に事相の上(事実上)に建つ戒壇、と解釈しているからなのであります。
 しかし、事相の上に建つから事の戒壇というのではありません。
 そもそも、大聖人の御金言におけるかぎり、「本門事の戒壇」とは、「迹門理の戒壇」に対し、このようにいうのであって、それは『三大秘法抄』にも、
 「此の戒法(※大聖人の本門事の戒壇)立ちて後、延暦寺の戒壇は迹門の理戒なれば益あるまじ」云々(『三大秘法抄』御書1595頁)
と、両者を対比して仰せられていることからも明らかであります。
 この、本門事の戒壇と迹門理の戒壇という、事・理の相違は何によるものか、といえば、まさしく戒体(戒の功徳を生ずる本体・法体)それ自体の相違(迹門は理の一念三千、本門は事の一念三千、という相違)によるのであります。
 ゆえに、延暦寺戒壇は事相の上に建っているといっても、それをもって事の戒壇とはいいません。 法体が理である故に、事相の上に建つ、建たないに関わりなく、あくまでも理の戒壇なのであります。
 また同 じく、 本門事の戒壇についても、 法体が事である故に事の戒壇と称する、というのは当然のことでありましょう。

 これが、大聖人の御法門における、本迹・事理の基本的裁きであり、日達上人の戒壇に関する御教示も、これに則ったものであります。
 すなわち、本門事の戒壇とは、事の一念三千の御当体たる大御本尊おわす故に、かく称するのであり、たとえ、これが事相の上に建立される時(広宣流布の暁)を迎える以前であれ、以後であれ、法体が事である故に、あくまでも事の戒壇である、との道理を示されたのであります。

 さらに、昭和50年、本宗に蔵する数多の古文書の中から、日寛上人の御指南を筆写せられた43世日相上人の古文書が公表されました。(写真参照)
 日寛上人も、「富士山戒壇の御本尊御在所は事の戒なり」「在々處々本尊安置の處は理の戒壇なり」と仰せられていることが、明らかに拝せられます。

(日相上人御筆の御書科段『三大秘法の事・大貳阿闍梨御講』)


 また、日寛上人は、『法華取要抄文段』にも、戒壇の事・義の立て分けを示されています。
 その冒頭で、日寛上人は、
 「本門の戒壇に事あり、理あり。理は謂く、義理なり。これ即ち事中の事・理にして、迹門の理戒に同じからず。その名に迷うこと勿れ。故にまた義の戒壇と名づけんのみ」(『法華取要抄文段』)
と仰せられ、「事中の事・理」すなわち、根源の事の戒壇を基本として、さらに広布事相上に建つ事の戒壇があることと、義理(意義と同じ)において根源の事戒にあたる理(義)の戒壇があることを略示され、後者については迹門理戒にまぎらわしいので「義の戒壇と名づけ」る旨、示されています。

 この「事中の事」ということについてですが、大御本尊は事の一念三千の御当体ですから、大御本尊まします処は、迹門理の戒壇に対して、根本的な意味で本門事の戒壇です。それが、広宣流布達成の時を迎えれば、大本門寺戒壇として、事相の上に戒壇が建つわけですから、事中にさらに事がある、ということになります。
 ゆえに日達上人は、大御本尊御安置の処は何時いかなる場所であっても事の戒壇である、という根源の意味において、それが御宝蔵でも、奉安殿でも、正本堂でも、もっと立派なものができても、それは全て本門事の戒壇である、と仰せられました。そして、さらに広宣流布が達成されれば、事相の上に戒壇たるべき大本門寺本堂が顕現する、 という、事の戒壇の二重の意義を示されたのであります。

 しかし、顕正会は、事相に建つ戒壇だけが事の戒壇だと思い込んでいましたので、日達上人が大御本尊まします処は常に事の戒壇である≠ニ仰せられたことに対し、「細井管長(日達上人)は学会の圧力に屈して邪義を構えた、大聖人の御遺命を破壊する大謗法を犯した」などと反抗したのです。
 これが、日達上人の御指南と顕正会の主張との、根本的なくい違いでありますが、すでに述べてきたことから明らかなように、三大秘法を六大秘法に分けたときには、富士山の本門戒壇の大御本尊まします処が事の戒壇、余の御本尊が安置されている在々処々が義の戒壇であり、事の戒壇にも二重の意義(根源における事の戒壇と、広布事相上に建つ事の戒壇)がある、という日達上人の御指南は、仏法の道理と御金言に則った真正なる御教示であります。
 また、もし、広宣流布が達成されるまでは事の戒壇はない、と言うのであれば、御本仏が出世の本懐たる三大秘法を顕わし尽くせなかったことになりますが、そんなバカなことはあるはずがありません。これは大聖人に対する冒涜(ぼうとく)です。
 以上、述べてきたことから明らかなように、顕正会の「広宣流布以前には事の戒壇はない」という主張は、大いなる僻見(びゃっけん)であります。


戻る